2010
01.22

針金、のり使わずエコ製本

エコ・環境に関するニュース

津幡町の製本機械メーカー「三光」(津幡町、従業員数10人)が、針金やのりなどを一切使わずに、紙を綴じることができる機械「エコ・プレスバインダー」を新開発した。針金を使わない冊子は、捨てる際に、そのままシュレッダーにかけられ、リサイクルにも出しやすくなるなど、様々なメリットがある。(森重達裕)

エコ・プレスバインダーは、製本技術のノウハウを持つ同社のほか、紙製品関連の企画会社「シャリティー」(小松市)などの協力を得て、約1年がかりで開発した。

人間の「歯」のような金属で、綴じたい紙を両側から挟み込み、強い圧力をかけて製本する仕組み。製本後の冊子には文字通り、ギザギザの“歯型”がつく。

製本した冊子には「歯型」ができる

浅村奉真社長は「なぜ圧力だけで綴じることができたか、詳しくは企業秘密」と言うが、「歯の形状と圧力の加え方を工夫することで、紙同士の繊維をからみ合わせて接着させることができた」と説明する。県工業試験場に強度の評価を依頼したところ、針金による製本よりも“歯型冊子”の方が、引っ張り強度に優れていたという。

この機械で綴じられるのは、紙の厚さにもよるが、最大で100ページ弱。1時間に4000~5000部の製本が可能で、カタログ、パンフレット、ノート、カレンダーといった冊子の製本を想定している。

価格は、一番安い「手動式」で420万円、綴じる作業を自動化した「半手動式」で1200万円、製本作業すべてが自動化された「中綴じインライン型」が3000万円。

浅村社長は「すでに商社から注文も来ている。エコに取り組んでいる企業に特に興味を持ってもらっている」と話す。印刷所や製本工場のほか、社内報など大量の印刷物を製作している大企業や、学校などでの需要も見据えており、「今年中に(半手動式で)月産5台を目指したい」と意気込んでいる。

(読売新聞より抜粋)