2010
02.02

ローソン/店舗外向け大型ディスプレイで新メディア展開

メディアに関するニュース, 広告関連のニュース

ローソン、アサツーディ・ケイ(ADK)、エヌ・ティ・ティ・ドコモの3社は2月2日、デジタルサイネージ(電子看板)を核とした新メディアを共同で開発・運用する合弁会社を設立すると発表した。

デジタルサイネージは、46インチディスプレイ2台をローソン店頭外側向けに設置し、動画や静止画を通行人、来店客に情報を発信するシステム。

設置イメージ

設置イメージ

ローソンが、デジタルサイネージの研究を進めてきた広告会社のADKとドコモの3社が、インフラとノウハウを活用した新しいメディアの普及・拡大に向けて合弁会社を設立するもので、設立は2010年3月で、サービス開始は6月を予定している。

広告市場では、屋外広告、インターネット広告の成長が目立ち、地域や時間帯ごとの効果的な広告としての必要性が都市部を中心に増している。

デジタルサイネージではディスプレイの高性能化と低価格化、インターネットなどのネットワークインフラの拡充と高速化にともない、普及していく広告市場と予想されている。

新会社では、ローソン店舗を軸としてデジタルサイネージ、携帯電話を組み合わせた「双方向コミュニケーションメディア」の確立を目指す。

時間帯やエリアにより、店前通行者のニーズに合わせた最適な情報をドコモの回線を使って新メディアに配信し、ディスプレイに表示する。

店舗・エリアごとに配信内容を変えられるため、地域の催事やイベントなどと連動した街の情報発信の場としても、新メディアを活用することが可能だ。

商品やキャンペーンの情報を顧客の携帯電話へ配信し、ローソン店舗に誘導するほか、店頭のディスプレイに詳細な情報を表示し、ディスプレイ横に設置されたFeliCa端末から携帯電話へ商品のクーポンやキャンペーンの詳細な情報等を提供する。

(流通ニュースより抜粋)
※URLの有効期限が切れた為リンクを解除しました。