2010
02.15

「エコドライブ」浸透

エコ・環境に関するニュース

●登録者数1万人突破

2007年の開始以降、伸び悩んでいた豊田市の「エコドライブ宣言」の登録者数が、昨年7月からの半年間で大幅に増え、1万人の大台を突破したことがわかった。市発注の公共事業で、会社全体でエコドライブに取り組む企業を優遇する措置を導入するなどしたところ、一気に登録者数が増えた。(黄澈)

エコドライブは、自動車をゆっくりと発進させたり、エアコンをこまめに切ったりすることで、車の燃費を向上させる運転方法。豊田市は07年11月、専用のホームページを開設して市民にエコドライブに取り組むと意思表示してもらう「豊田市エコドライブ宣言」を開始した。
同年末までの2カ月間で、計2824人が登録し、翌08年1~6月にも新規に2530人が登録した。しかし、その後は伸び悩み、同年下半期の新規登録者数は1508人。09年上半期の新規登録も1683人で、累計で8545人にとどまっていた。
ところが、09年下半期は大幅に増え、2622人が新たに登録。累計の登録者数は、昨年12月末現在で一気に1万1167人に達した。市交通政策課の担当者は「一般市民を中心とした登録から、企業・団体を通じた組織的な登録に力点を移したことが奏功した」と話す。
同市は09年度、市発注事業の一般競争入札で、入札価格だけでなく企業の社会貢献度なども点数化して業者選定の判断材料とする「総合評価方式」を本格導入。昨年7月からは、運転免許証を持つ全社員がエコドライブ宣言した企業に市が証明書を発行し、総合評価の加点の対象としている。証明書の交付を受けた企業は現在58社に上る。
交通政策課では、今後も企業や団体への働きかけを強めていく方針。22日には豊田商工会議所で、エコドライブに取り組んでいる企業の担当者による事例発表会を開く。企業にアドバイザーを派遣し、社員にエコドライブを定着させるための工夫を助言してもらう活動も近く始める。
豊田市は昨年1月、地球温暖化対策に積極的な自治体を政府が選んで財政支援する「環境モデル都市」に選ばれた。トヨタ自動車が本社を置く自治体として、「車の街ならでは」の取り組みを強調し、事業推進のために策定したアクションプランでは、エコドライブの普及などで、2013年までに「二酸化炭素の排出を現状よりも6%削減できる運転を、市内全運転者の40%が実践する」状態を実現するとしている。

豊田市エコドライブ宣言のホームページは、https://ecodrive.michinavitoyota.jp

(asahi.comより抜粋)
※URLの有効期限が切れた為リンクを解除しました。