サテライトサイト運営

サテライトサイトを利用した集客はいかがですか?

サテライトサイトの構築ー
専門性が高い第三者視点の比較サイトや、商材を絞って情報を掘り下げるマニア向けサイト、もしくはターゲットユーザーの上流や下流を巻き込んでユーザーを獲得する大型情報サイトなどなど、ターゲットユーザーの動向に先回りして仕掛けを作成し、自社サイトに誘導するという手法なので、潜在顧客を多く獲得できるメリットがあります。
専門性の高いウェブサイトはユーザーからの信頼を得やすくなるというメリットの他にも、SEO対策を施しやすいというメリットもあります。ここではソファ専門の比較・販売サイトとして利用されながら、多くの潜在顧客をユーザーとして獲得しておく事が可能になります。
そしてまた将来的には、ダイニングテーブル専門サイト・学習机専門サイト・インテリア雑貨専門サイトなどの専門サイトを複数構築し、専門サイトのショッピングモールを自社で構築することも可能になります。

一方、ブログや独自SNSなどを利用して情報発信するという方法も併用されますと複合的に潜在顧客を誘導するという方法が可能ですから、いままで同業他社様と検索エンジン上で過酷な戦いを強いられてきた企業様には大変有益な手法です。
サテライトサイトデザイン制作サンプル
Satelite site = サテライトサイトとは
サテライトサイトとは、より幅広いターゲット層のアクセスを獲得する為に、本サイトとは別に立ち上げられたウェブサイトを指すウェブマーケティング用語ですCPC広告が飽和状態になり、シェア争いが過酷になりつつある事業領域ではSEOでの集客が必須となっており、ウェブサイトを分割してそれぞれが別のキーワードで集客を行える。また、メインのサイトが巨大化してユーザビリティが低下することを防げるなどのメリットがあります。(※上記は輸入家具・インテリア販売会社様のサテライトサイト例)
このページのTOPへ

メインサイトと隣接する領域のユーザーを的確にターゲティングして誘導します。

では、実際のサテライトサイトの構築にあたって、情報系サテライトサイトであればターゲットを広くするほど多くのユーザーをカバーすることができますが、当然ユーザーを獲得する為のキーワードやSEO対策も広く一般的なワードに設定する必要が生じます。またターゲットを狭く設定する場合、ユーザーを獲得する為のキーワードは狭く、より専門的なワードとなりますので、コストは低く抑えることができますが、獲得できるユーザーは少なめです。。
ただしどちらの領域のユーザーがより購買に結びつくか?という点においては業界や商材のポディショニング=ブランドにも左右されるので御社のブランドに応じて効果的なサテライトサイトをご提案させていただきます。
サテライトサイトのユーザー企画・プランニングイメージ
  • お見積もり・お問合せはコチラへ
このページのTOPへ

本ウェブサイトで使用している全てのデータの無断転載を禁じます。  Copyright © 2009 Seven Brooks Co. All Rights Reserved.